法務局の相談コーナーが大忙しらしい

先日ある法務局に行った時のこと。

相談コーナーに行ったら、「予約で10日以上先まで埋まっています」とのこと。

登記は本人申請で出来るので、なるほど昨今のご時勢、相続登記でも増えているのかな?とたずねてみたら、そうではなく、住宅ローンの抵当権の抹消手続きが増えているらしい。

住宅ローンを完済すると、抵当権を抹消する必要があり、昔は銀行が司法書士の先生を取り次いでくれたものだが、最近は、抹消書類を本人に渡して、自分で登記するよう促すらしい。

なるほど、本人申請すると費用は数千円ですむのだが、普通の人が法務局に出かけて、本人申請しようにも、実際には難しい話だ。

銀行さんも、登記の仕方をアドバイスすればよいと思うが、そうなると司法書士の仕事を侵害することになるので、法務局に尋ねるよう勧めているのでしょうね。

ならば法務局のほうで、簡単な冊子を作成するなど工夫していただきたいものだ。

城陽市の空家講習会と相談会

2016-10-03-15-30-41

今日は午前中、城陽市の空家講習会に参加、午後からにわか相談員として相談会場にいました。

あいにくの雨のせいか、相談者はたったの2名でした。

現在城陽市には、全戸数の約1割、約3000戸の空家があるそうです。

高齢化が進むなか、ますます空家が増えそうですが、貸家への転用や改装または取り壊して売却をするにしても、、実際には費用の点で様々な問題点があり、再利用にはなかなか結びつかないようです。

それでも、特定空家等(倒壊等の恐れのあるひどい状態の空家)が増えてしまうと、町はスラムのようになってしまいます。

地域活性化と、資産の有効活用のために、不動産業を通じて社会貢献できればと思っています。

遺産分割の手順

遺産分割の手順を記載します。

遺言書があれば、それに従い、なければ、相続人同士で協議をします。

 

1.法定相続人の確定

被相続人の生誕から死亡までの戸籍謄本を取り寄せ、法定相続人を確定します。

2.相続財産の確定

不動産、預貯金、株式等の相続財産を確定します。

3.遺産分割の協議

法定相続人同士の協議により、それぞれの相続分を確定し、「遺産分割協議書」を作成します。

4.名義変更手続き

預貯金、株式等は名義変更、または払い出しを行います。

不動産は、司法書士に依頼するか、相続人本人の申請により名義変更を行います。

実は相続財産が少ないほどトラブルに!

少ないほどトラブルに

「うちは相続税が掛かるほど資産がないから…」、ほとんどのご家庭では、このようにお考えです。

全国の家庭裁判所で調停が成立した件数でみますと、このチラシの統計は少し古い(平成18年度)ので恐縮ですが、5000万円の財産で以下でのトラブルが、実に71%を占めています。

少し新しい統計を見てみましょう。

上と同じ出所ですが、、最高裁判所「司法統計年報 家事事件編」平成26年度版で見てみますと、調停の成立件数8664件のうち、1000万円以下の件数は2764件で32%、1000万円超5000万円以下で3725件43%となっています。

実に、全体の75%は相続財産は5000万円以下ということになります。

ここで注目すべきは、相続トラブルの3分の1は、財産が1000万円以下というわけです。

相続対策とは、税金対策だけではないのです。

実際、ぼくの事務所に持ち込まれる相続の相談の中で、もっとも悲しいのはご兄弟姉妹間の争いです。

血を分けた兄弟であるからこそ、一度感情がもつれるともう元通りにはできません。

相続が「争族」にならないために、事前の準備は親の責任といえそうです。

結婚式に呼ばれました。

2016-04-03 12.03.25 2016-04-03 14.45.28 2016-04-03 18.01.18

昨日(4月3日)は山本夏美ちゃんの結婚式に呼ばれ、参加してきました。

今も服飾の仕事をやっていて、お色直しのあとのピンクのドレスは、彼女の自作です。

パターンナーが専門のようですが、子供服も手がけ、自分のブランドを立ち上げて、全国のショップををひとりで回り、販路を切り開いています。本当に頭の下がる努力家です。

彼女は娘の大の親友で、大学、専門学校を共にしました。娘が亡くなった後も、ずっとお付き合いが続いています。
僕にとっては、娘のような存在で、今回の結婚は本当に嬉しく、式の当初から泣きっぱなしでした。

二次会まで呼んでいただき、本当に楽しい一日を過ごしました。

旦那のTさん、なっちゃん、これからもお互いにがんばり、幸せになってください。

そうそう、二人の出会いの場所である伏見の「シルバームーン」でまた飲みましょう。

森の京都音楽祭 BEGIN

DSC05942

DSC05949

DSC05952

DSC05953_R

 3月27日(日)、京都府南丹市美山町で行われた「森の京都音楽祭」に行ってきました。

 出演は大好きなBEGINです。

 森の京都とは、京都府が行う「もうひとつの京都」キャンペーンの一環で、昨年度は京都府北部の「海の京都」、今年が京都府中部の「森の京都」、そして来年は京都府南部の「お茶の京都」が行われます。

 前日の3月26日にはこのあたり一帯が「京都丹波高原国定公園」に指定され、そのお祝いでもあります。

 会場の「美山文化ホール」は美しい山間にあり、客席400席と、少し大きめのライブハウスといった感じで、凄く間近にBEGINを見ることができました。

 山田京都府知事や南丹市長が見守るなか、いつものようにとてもあたたかいコンサートとなりました。

 いつものように、「ボトル2本とチョコレート」の間は写真タイムとなり、こうして、写真をアップすることができました。

 BEGINはやっぱりいいですね。

売買物件をHPに公開できないのはなぜ?

baibai

 当社は主にHPを通じて、不動産仲介の仕事をしています。

 しかし、当社のHPに公開している売買物件数は、今現在たったの148件です。

 実は、HPに公開できない物件が、392件もあるのです。

 なぜでしょう?

 不動産を売却したいというお客様は、それぞれの不動産屋さんに依頼をします。

 依頼を受けた不動産屋さんは、指定流通機構(レインズ)を通じて、「こんな物件が売りに出ましたよ」とすべての不動産屋さんに公開をします。

 私どもは、それらの物件をあまねくHPで公開して、買いたいお客様を探すのが仕事です。

 しかし実態は、売却依頼を受けた不動産屋さんが、HPの公開を拒むのです。

 いろいろ訳があって、HPに公開してほしくない売主さんもおられることは承知しています。

 しかしその割合が、上に書いた件数ほどあるでしょうか?

 この事実を売主さんはご承知なのでしょうか?

 本当に売主さんの利益になっているのでしょうか?

 この問題は、根本はいわゆる「抱え込み」問題にあるとみています。

 今後も少しずつ、この問題を掘り下げていこうと思っています。

鳥獣被害に荒れる里山

2016-03-16 15.36.19_R
2016-03-16 15.39.23_R
2016-03-16 15.39.50_R

 昨日は、休業日なので彼岸の入り前でしたが、実家の墓参りに行ってきました。

 お墓の途中にある美しい杉林も、山から獣たちが入ってこないように、ご覧のように鉄柵で囲われています。

 このような鉄柵で、集落全体を囲い、さらには畑に電気柵を付けます。

 本来なら、獣たちはこの柵の内側には入って来れないはずなのに、あちらこちらに足跡や糞が残っており、畑への被害は甚大です。

 人家近くに出てくる獣は、主にはシカ、イノシシ、熊です。

 あたりは休耕田ばかりで、どんどん山が民家に近づき、里山が荒れて行きます。

 のどかな田舎の風景は変わってしまいました。

 

電子確定申告、失敗!電子証明書の期限切れ

DSC05437

 確定申告の期限は今日までですが、いつものように電子申告を予定していたのでノンビリしてました。(ノンビリし過ぎ)

 それでやっと申告書をが完成し、いざ送信しようとしたところ、「電子証明書の期限切れ」のメッセージ!ショック!!

 でも、大丈夫です。明日の朝までに、税務署の郵便受けに投函しておけば今日の日付で受け付けてくれます。

 余談ですが、電子証明書は従来の「住民基本台帳カード」です。有効期限は2023年まであるのですが、このカードに基づき発行する「公的個人認証サービスの電子証明書」は昨年末で中止されていることが判明しました。

 つまり、「個人番号カード」(マイナンバー)の発行が必要なんです。

 このマイカード発行作業がとてつもなく遅れてて、手元に届くのは数ヶ月先とか?

 また、カードが変わることにより、現在使ってるICカードリーダーは対応していません。

 いろんなことを勉強した今年の確定申告出した。

またまたブログを引越し。今度はWordPessサイトで!

 先日、一旦アメブロに引っ越したブログですが、やたらと広告が多いので、Wordpressサイトに再引越ししました。

「城陽市で不動産仲介や行政書士を行う小巻秀夫の日記」

 Wordpressもいまひとつ分かりませんが、ちょっとづつ勉強していきます。

よろしくお願いします。