「愛の流刑地」

 毎朝の日経新聞が楽しみです。「愛の流刑地」。渡辺淳一の朝刊連載小説です。 京都を舞台に中年小説家の「純愛」不倫物語。「冬ソナ」に対抗して「愛の流刑地」ブームが来るのでしょうか? それにしても渡辺先生、やってくれます。数年前にも同じく日経新聞の朝刊で、中年サラリーマンを中心に密かなブームを起こしてくれました。(「失楽園」でしたね。後に黒木瞳で映画かテレビで放映されました) 小説ってフィクションって言うけれど、妙に描写が具体的で、朝っぱらからいいの?って感じです。(*^_^*) ニヤニヤしながら読んでいる、ぼくと同じような世の中年オジさんの顔が目に浮かぶようです。

コメントを残す