ゼネラリスト

 銀行員は昔から「潰しが効かない」とよく言われる。なるほどと思うことがある。 銀行の取引先はそれこそ千差万別で、だからあらゆる職種業種の方とお付き合いをする。 当然幅広く知識を持っていないと、とても対応ができない。おのずとその知識は広く浅くの世界にはまっていくと言う寸法だ。 だから、失業をして求職活動で大いに苦労をした。 会社が求めるものは即戦力であり、具体的に「何々ができる人」という風にあらかじめ決めうちで求人をする。 かたやぼくの方といえば「これこれができます。この点は絶対人には負けません」を言えない辛さ。「その代わり会社全般をバランスよく見て、社長に経営全般にわたる適切なアドバイスができますよ」と言いたいけれど、どこの中小企業の社長さんも、そんな目に見えないものに金は出せない。出すゆとりもない。 しかしよくよく考えてみると、中小企業の社長さんはプレイングマネージャーで、いわばその仕事にかけてはスペシャリスト。ある程度の規模の組織になれば、いわば昔風に「番頭」といわれる信頼できる片腕もいないと、今の世の中やっていけないのではないか?コンプライアンスやCSが叫ばれる中、常識を疑うような企業犯罪が多発していることを見るにつけ、社外から社長の補佐役を招へいして、いまの会社経営を客観的に評価したりアドバイスを受けることも必要なのではないか?そんな意味からバランス感覚に長けたゼネラリストも、いまだからこそ必要ではないかと考えている。

コメントを残す