ホークス危うし!

 パリーグのプレーオフ第2ステージが始まった。 戦前から多少予測できたことだが、昨日の第1戦を見て確信した。 残念ながら、現時点でのチームとしての総合力はロッテの方がホークスに勝っている。 松中とズレータの1発でしか点の取れないホークス。それに比べ、ロッテはホームラン数こそ少ないが、得点力では大きくホークスを上回っている。 そして投手力の差。ここへ来てホークスの中継ぎ押さえ陣の不調である。 また、ホークスの「何が何でも勝たねばならない」というプレッシャーと、ロッテのチャレンジャーとしての伸び伸び感。 昨日の第1試合は、それらの懸念が全て象徴的に出た試合だった。 ホークス危うし!

コメントを残す