追悼 小田実さん

 7月30日、作家の小田実さんが亡くなった。 ぼくの学生時代から「べ平連」で活躍され、ずっと気になってた人。 その著書「何でも見てやろう」は、学生時代の最後の1ヶ月間を「ヨーロッパ貧乏一人旅」に行くきっかけを作ってくれた。 しかし、ぼくはそのまま社会人となり、生活に追われ、今もその生活が続く。 いつまでたっても小市民でしかない自分が恥ずかしい。 それでも、ことあるごとに氏の活動ぶりが新聞等で報道されると、気になって仕方がなかった人。 ご冥福を祈ります。

コメントを残す