住宅トーンの基礎の基礎 ローンの借入先

 住宅ローンの借入先は、「民間金融機関」、「フラット35」、「その他の機関」に分けられます。
 いちばん一般的なのは「民間金融機関」ですね。
 都市銀行、信託銀行、地方銀行、信用金庫等、われわれの周りにはたくさんの金融機関があります。
 購入物件の担保価値や個人の返済能力により借入れ金額や返済期間が異なります。
 また金利タイプも「完全固定型」「変動型」「固定期間選択型」と、さまざまなタイプが用意されています。
 最近は、購入物件の100%ローンや、諸費用まで借入れすることができる場合もあります。
 だからといって、借入れが過剰にならないよう、十分ご注意ください。
 今は歴史的な低金利の時代で、特に変動金利性の場合は将来いつまた金利が反転するか分かりませんので、慎重な対応が必要です。(因みに筆者が若かりし頃は、住宅ローンの金利は10%を超えていたこともありました。)
 次に「フラット35」ですが、こちらは民間金融機関と住宅金融支援機構が提携したローンです。
 住宅品質や広さに制限があり、融資金額は購入資金の90%まで、金利は全期間固定型のみです。
 民間金融機関が融資し、直ちに住宅金融支援機構に債権が譲渡され、最終的に「資産担保証券(MBS)」として 証券化されます。こうした証券化の手法により、長期固定金利性と低金利を実現しています。
 こちらのローンは、上の「民間金融機関」が人物重視のローンであるのに対し、どちらかと言うと物件重視型のローンといえます。
 さらに、省エネや、バリアフリー、耐震性等の条件を満たせば金利優遇を受けることが出来ます。(フラット35S)
 「その他の機関」は、財形住宅融資や自治体の住宅融資、勤務先からの融資があります。

コメントを残す