住宅ローン控除

 確定申告の季節になりましたね。 昨年、住宅を購入されて10年以上のローンを組まれた方は忘れずに確定申告をしましょう。 こちらは税額控除ですから凄いですよ。 平成19年に購入された方は、年末ローン残高(最高2500万円)の1%が6年間、7年目から10年目までは0.5%の税額控除を受けることが出来ます。 10年間で最高200万円まで税額控除が受けられます。羨ましい。 さて、上は従来の住宅ローン控除ですが、平成19年から税源移譲によって、所得税額が少なくなって住民税が多くなりました。 そこで、新しい住宅ローン控除として、年末ローン残高の0.6%が10年間、11年目から15年目までは0.4%の税額控除を受けることを受けることが出来るようになりました。 つまり、税額控除の総額は200万円と変わりませんが、控除率を下げて期間を5年間延長しました。 どちらの方法を選ぶか選択性になっています。 概略ですが、おおむね年収700万円以下の人は新しい制度を利用した方が得なようです。 但し、将来の年収によっても違いますので、よく考えて選択しましょうね。 一度選択すると変更は出来ません。 さて、この住宅ローン控除ですが、一度確定申告をしておくと、来年以降は年末調整で還付されますので、面倒な確定申告は不要ですよ。

コメントを残す