住宅ローン減税はどうなる?

 今年限りの予定だった「住宅ローン減税」が、最近の金融不安による景気の後退を受けて、継続されそうです。
 しかも、麻生さんは過去最大級の住宅ローン減税を検討するよう指示したそうです。
 現行の住宅ローン減税は、ローン残高の上限が2000万円で、10年間で160万円の減税です。
 過去最大といえば、ローン残高5000万円、15年間で最大587.5万円の減税でした。
 これは凄いですよね。
 もっとも、5000万円もローンを借りられる人は限られているでしょうが・・・。
 住宅購入を検討されている人には朗報に間違いありません。
 でも、われわれ不動産屋にとっては恐怖の「買い控え」を意味します。
 世の中の変化の激しさは確かに凄まじいものがありますが、政策を極端に変更すると困る人もいるんですよね。

コメントを残す