家系図を作ろう!(番戸とは?)

 明治12年に作られた、わが家で確認できるいちばん古い戸籍には、本籍欄に「京都府與謝郡加悦奥村第九十壱番戸」と記されています。 「番戸」とは、加悦奥村に振られた「家」の番号で、ここでは91番目を表します。 昔は本籍地を地番ではなく、「家」の番号で戸籍を特定したのです。 まさに「家制度」そのものですね。 地番と戸番は一致しませんから、実際はドコに所在したのかは不明というわけです。

コメントを残す