マイホーム大作戦 利便性か?周辺環境か?

 昔は不動産が確実に値上がりし、何度か住み替えることでライフステージに合った物件を手に入れました。
 バブル崩壊後は、マイホームの購入は「終の棲家」のつもりで考えなければなりません。
 「静かで便利の良いところ」
 誰しも思うことですが、なかなか両立するのは難しいようです。
 ぼくの場合は「利便性」をメインに考えました。
 毎日の通勤に、バスに乗ったり、終電がなかったりでは困ると思ったからです。
 しかし年を経て、多少不便でも少し郊外の広めのマイホームもいいと思うようになりました。
 このように、マイホームに対するニーズはライフステージによって変わってきます。
 一生に一度の高価な買い物マイホームです。
 通勤、通学、買い物、公共機関・・・、考えるファクターは山ほどあります。
 正解はありません。それこそ十人十色です。
 自分のライフスタイルとライフステージを良く考えて選びましょう。

コメントを残す