贈与税のお話

 今日は贈与税のお話。 贈与税は「暦年課税」と「相続時精算課税」の2種類あります。 今日はそのうち、「暦年課税」についてお話します。 「暦年課税」とは、1年間に贈与を受けた財産の合計額を基に贈与税額を計算するものです。 計算方法は、1年間(1月1日から12月31日)に贈与を受けた財産の価額の合計額(課税価格)から、基礎控除額110万円を差引いた残額について、税額を計算します。 税率は課税価格に応じ、10%から50%の累進税率となってます。 110万円までは贈与税はかかりません。 またひとつの例として、仮に500万円の贈与を受けた場合は、贈与税額は53万円となります。 贈与税がかかる場合は、必ず確定申告が必要です。 住宅資金の援助を受ける場合は十分にご注意して下さいね。

コメントを残す