贈与税 永年連れ添った配偶者へのプレゼント

 婚姻期間20年以上の夫婦の間で、居住用不動産の贈与があった場合には、基礎控除110万円のほかに、2000万円の配偶者控除が受けられます。 つまり、ご主人名義のお家を、永年連れ添った奥様にそっくり名義変更しても、2110万円までは贈与税がかかりません。 いずれそのお家も、相続が発生すれば奥様のものになるのでしょうが、この特例を使えば奥様の老後がいっそう安心できますね。 ご主人からの粋なプレゼントというわけです。 でもね、ご主人様に少しばかり注意。 贈与をした後、いわゆる「熟年離婚」なんてことになったら、家は無くなる、年金の半分は奥様になったりとして、とても悲惨な状況になりかねませんよ。

コメントを残す