宅地建物取引業者票

gyousyahyou.jpg
 当社は今年5月に営業年数を表す数字が、晴れて「2」となりました。
 現在では5年に1回の更新なので、おかげさまで当社も6年目に突入しました。
 よく物の本を読んでると、ここの番号の多い業者が当然ながら営業年数も長くて信用できる、逆に番号の若い業者は信用が置けないがごとく書かれていますが、決してそんなことはないですよ。
 必ずしも、一概には決め付けられないと思ってください。
 実際に業者さんとお話して、自分自身で信用できる業者さんか確認してください。
 最近は最初に直接店舗に行かなくても、WEBを利用して、メールでとりあえず問い合わせをしていて、その対応内容を確認されるのが良いでしょう。

コメントを残す