カテゴリー別アーカイブ: 行政書士業のこと

本日より「相続コンサルタント」を宣言します。

公認不動産コンサルティングマスターの「相続対策専門士」に合格しました。

これをもって、本日より「相続コンサルタント」を宣言します。

これまで行政書士として様々な相続相談を経験してきました。気持ちのよい相続、兄弟間の「争族」で永遠に解決しそうにない相続。

ぼくは大金持ちのための相続だけではなく、一般の人々のための相続対策を応援したいと考えています。

どうか、相続に関すること、何なりとご相談ください。

 

法務局の相談コーナーが大忙しらしい

先日ある法務局に行った時のこと。

相談コーナーに行ったら、「予約で10日以上先まで埋まっています」とのこと。

登記は本人申請で出来るので、なるほど昨今のご時勢、相続登記でも増えているのかな?とたずねてみたら、そうではなく、住宅ローンの抵当権の抹消手続きが増えているらしい。

住宅ローンを完済すると、抵当権を抹消する必要があり、昔は銀行が司法書士の先生を取り次いでくれたものだが、最近は、抹消書類を本人に渡して、自分で登記するよう促すらしい。

なるほど、本人申請すると費用は数千円ですむのだが、普通の人が法務局に出かけて、本人申請しようにも、実際には難しい話だ。

銀行さんも、登記の仕方をアドバイスすればよいと思うが、そうなると司法書士の仕事を侵害することになるので、法務局に尋ねるよう勧めているのでしょうね。

ならば法務局のほうで、簡単な冊子を作成するなど工夫していただきたいものだ。

遺産分割の手順

遺産分割の手順を記載します。

遺言書があれば、それに従い、なければ、相続人同士で協議をします。

 

1.法定相続人の確定

被相続人の生誕から死亡までの戸籍謄本を取り寄せ、法定相続人を確定します。

2.相続財産の確定

不動産、預貯金、株式等の相続財産を確定します。

3.遺産分割の協議

法定相続人同士の協議により、それぞれの相続分を確定し、「遺産分割協議書」を作成します。

4.名義変更手続き

預貯金、株式等は名義変更、または払い出しを行います。

不動産は、司法書士に依頼するか、相続人本人の申請により名義変更を行います。

実は相続財産が少ないほどトラブルに!

少ないほどトラブルに

「うちは相続税が掛かるほど資産がないから…」、ほとんどのご家庭では、このようにお考えです。

全国の家庭裁判所で調停が成立した件数でみますと、このチラシの統計は少し古い(平成18年度)ので恐縮ですが、5000万円の財産で以下でのトラブルが、実に71%を占めています。

少し新しい統計を見てみましょう。

上と同じ出所ですが、、最高裁判所「司法統計年報 家事事件編」平成26年度版で見てみますと、調停の成立件数8664件のうち、1000万円以下の件数は2764件で32%、1000万円超5000万円以下で3725件43%となっています。

実に、全体の75%は相続財産は5000万円以下ということになります。

ここで注目すべきは、相続トラブルの3分の1は、財産が1000万円以下というわけです。

相続対策とは、税金対策だけではないのです。

実際、ぼくの事務所に持ち込まれる相続の相談の中で、もっとも悲しいのはご兄弟姉妹間の争いです。

血を分けた兄弟であるからこそ、一度感情がもつれるともう元通りにはできません。

相続が「争族」にならないために、事前の準備は親の責任といえそうです。

電子確定申告、失敗!電子証明書の期限切れ

DSC05437

 確定申告の期限は今日までですが、いつものように電子申告を予定していたのでノンビリしてました。(ノンビリし過ぎ)

 それでやっと申告書をが完成し、いざ送信しようとしたところ、「電子証明書の期限切れ」のメッセージ!ショック!!

 でも、大丈夫です。明日の朝までに、税務署の郵便受けに投函しておけば今日の日付で受け付けてくれます。

 余談ですが、電子証明書は従来の「住民基本台帳カード」です。有効期限は2023年まであるのですが、このカードに基づき発行する「公的個人認証サービスの電子証明書」は昨年末で中止されていることが判明しました。

 つまり、「個人番号カード」(マイナンバー)の発行が必要なんです。

 このマイカード発行作業がとてつもなく遅れてて、手元に届くのは数ヶ月先とか?

 また、カードが変わることにより、現在使ってるICカードリーダーは対応していません。

 いろんなことを勉強した今年の確定申告出した。

2月22日は行政書士記念日

http://www.gyosei.or.jp/news/info/ni-20160201.html

 

 今日、2月22日は「ネコの日」であるとともに、うちの家内の誕生日でもあるとともに、「行政書士記念日」でもあるんです。

 

 ぼくは行政書士もやってますが、いまひとつ行政書士の仕事ってわかりませんよね?
 たまに司法書士と間違われますが、行政書士はまったく別物です。

 

 司法書士は主に登記を、税理士さんは税金の申告を、弁護士さんは裁判をするのが主な仕事です。 

 

 行政書士は簡単に言えば、行政官庁に提出する書類を作成します。そのほか、一般の人向けに相続時の「遺産分割協議書」等を作成します。

 

 相続といえば、司法書士さんや税理士さん弁護士さんに依頼されるケースが多いのですが、ちょっと敷居が高くありませんか?

 

 行政書士は「街の法律家」、当事務所では相談は一切無料で受けています。どうかお気軽にお越しください。

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

今年の元旦は珍しく大雪で始まりました。

今年は元旦を実家に帰らず地元城陽で過ごしたのですが、まさかこんな大雪になるとは・・・。

当地にしてはたいへん珍しいことで、これも冬の風情と楽しんでいます。

今年も仕事ができることに感謝しつつ、がんばりますので、どうかよろしくお願いします。

宅建免許更新手続き


 宅建免許の更新手続きの書類がやっと完成しました。

 5年に一度のこととはいえ、なかなか大変な作業です。

 明日にはどうやら提出できそうです。

 実はこの手続き、ぼくのもう一つの仕事である行政書士の業務でもあるのですが、以前に他社さんの更新の時やらせていただきました。

 考えてみれば、自社のことでさえ大変な作業なのに、他社さんのこととなると一層たいへんです。

 何しろ、決算書を見せて頂いたり、5年分の業務実績を売買、賃貸、さらには土地、建物ごとに件数・金額を集計して記入する必要があるからです。

 とにかく、この大作業が終わりました。ちょっと一安心です。

桑名市へ

Dsc_0009_2 行政書士の仕事で桑名市へ。 相続の仕事ですが、当地は戦災で除籍謄本を焼失したこともあり、調査は難航。 それでも、市の職員さんが好意的に協力してくれて、ほぼ満足する結果を得ることができました。 京都からは、新名神を使って約2時間弱。 たいへん便利になりました。 写真は、六華苑です。 大正時代の和風と洋風の建築で、庭園も素晴らしかったです。 3月には、ここでロケを行った「砂の器」が放映されるそうです。